症例

タイトルクリックで詳細が表示されます。

アレルギー物質のレメディを作って症状を改善する

その症状がアレルギーによるものである場合、アレルギーの原因となるもの(アレルゲン)を特定し、そのアレルゲンのレメディを作って摂取するという方法があります。
当院ではアレルギーに対するアプローチがいくつかありますが、今回は上記の方法による改善例3つをご紹介します。


絵画の周波数を治癒に役立てる

丸山修寛医師が監修され、臨床でも活用しておられる60枚の「クスリ絵」。神聖幾何学や数学、量子物理学、東洋医学などの概念を取り入れて開発された、生命エネルギーを上げる絵(デザイン)のことです。周波数測定で測定して症状に最適なクスリ絵の周波数を伝送すると、大きな改善が見られました。


症状の原因を深層心理に見つける

病院で虹彩炎と診断された目の不調、2年間改善がないため来院。
離婚による将来への不安、これから先のことを見つめることができないという潜在意識がこの症状を引き起こしていました。適切なレメディにより症状は改善しました。


周波数で作物を害獣から守る

周波数による害獣対策で画期的な方法が見つかりました。2つのほぼ同条件下における農地で検証した結果、周波数送信を行わなかった農地での梨のカラス被害は1,000個、リモートで周波数を送信した農地では40個の被害で済みました。


シロアリやゴキブリの駆除も周波数で

シロアリやゴキブリ駆除にも周波数が応用できます。害虫駆除薬には有毒な薬品も含まれており、妊娠している方やお子様、
ペットへの影響が心配ですね。周波数を利用すれば
強い薬品を用いることなく安心です。


不定愁訴は、遅延性アレルギーかも。

だるい、しんどい、疲れやすい、 といった辛い症状が明らかにあるのに 病院でも原因がわからず、 精神的なものと片付けられてしまう・・・ そんな不定愁訴を抱える方は たくさんいらっしゃいます。 当院では、不定愁訴に関しては …


風邪のアプローチ例(何に感染しているかを知ることの重要性)

一口に風邪といっても様々な症状があり、それを引き起こしている原因も様々です。経験による見立てではなく、正確な周波数検査によって何に感染しているのか、原因を突き止めることの大切さを実感した症例です。


ダニに噛まれて重症化する前に解毒を

70代女性。 発熱し、全身の関節がリウマチのように痛く、 脚の皮膚はただれて湿疹ができていると 来院されました。 お話を伺うと、 数日前に箱根へ行ってからとにかく体がだるく、 調子が悪いとのこと。顔色もよくありません。 …


予防接種(ワクチン)の解毒

幼稚園児。バイオレゾナンスとレメディによって予防接種の解毒を行いました。皮膚の状態など気になっていた症状に改善がみられました。


猫アレルギーにはこんな対処法も

これまで当院でのアレルギー改善の施術はバイオレゾナンスが効果を上げていましたが、今回は猫ちゃんが特定されるということで新しい方法を試みてみました。
猫ちゃんの毛を少し提供していただき、その周波数をレメディに転写してお渡ししました。


Top