院長妻のブログ

メタトロン研修会

メタトロン研修会に参加してきました。
参加するたびに新しい発見があり、
量子医学の深さと可能性に引き込まれます。
人間や宇宙の精妙さ、
意識の持ち方の大切さ、
なんかを痛感してきました。

近年では科学者たちも実証しているように、
意識は物事を動かします。
つまり、健康にも確実に影響します。
メタトロンや、バイオレゾナンスで使用するレヨコンプは、
非常に科学的な反面、謎な部分も多い機器ですが、
そういった世界観をも包括しているのですね。

そして、そのようなホリスティックなアプローチが
従来の医学では難しいとされてきた問題を解決するさまを、
院長と共に実際に幾多も体験してきました。

メタトロンはロシアでは医療機器として医師が扱っています。
1週間の滞在費が約200万円という
世界のVIP御用達のエステクリニック「ラ・プレリー」でも
導入されているそうですね。

本国ロシアの技術者たちの話をきいていると
その発想の違いというのか、精神性には、
とてもユニークで興味深いものがあります。
春にロシアで3日間のメタトロン学会が開催されるそうなので
参加を夢見ています!

IMG_6221


年末年始のお知らせ

今年の冬は暖冬ですね。
でも、風邪は例年通りきっちり流行っているようで……。
「先生、風邪引いたわ~」と駆け込んで来られる患者さまもちらほら。

風邪に対する施術は、これまでのバイオレゾナンスによる
ウイルスやバクテリアの解毒もよいですが、
最近導入したレメディーメーカーがすごい威力を発揮しています。
40度近い高熱が続く赤ちゃんやお子様にレメディを調合して
1時間ごとに摂取していただいたところ、
あっという間にぐんぐん熱が下がり、平熱に。
レメディもすごいですが、人間のからだ自体がすごいんだなぁと、
改めて感じ入っているところです。

さて、当院の冬期休暇は12/30(水)~1/5(火)です。
関西へ帰省時にご家族でメタトロン体験にご来院なさる方のご予約が多い昨今。
バイオレゾナンスご体験キャンペーンは今年限りで終了になりますので
ご検討中の方はお早めにご予約くださいね。
(ご予約が今月中であれば、年明けのご来院でも適用させていただきます)

何かと気ぜわしく慌ただしい時期ですが、
みなさまどうぞお身体に気をつけて年末年始をお過ごしください。


メタトロンご体験キャンペーン終了します

6月から開催中のメタトロンご体験キャンペーン、
12月末日で終了させていただくことになりました。
2016年からは通常料金を頂戴いたします。

【メタトロン通常料金】
スキャン     :10,000円(税抜)
スキャン+セラピー:15,000円(税抜)

(※2015年のうちにいただいているご予約分はご来院が2016年でも
体験キャンペーンの料金でご利用いただけます)

7か月の間にたくさんの症例を診せていただき、
メタトロンを当院でどのように機能させればよいかを
把握することができました。

既存のバイオレゾナンスや、
新たに導入したレメディメーカー、
あるいは骨格矯正といった伝統的な施術との組み合わせによって、
メタトロン単体よりも、より早く、より効果的に、
改善へと導く当院独自の施術モデルを作ることができました。
カウンセリングの内容もずいぶんと濃くなっております。
(上記の理由から、メタトロン単体の回数券は廃止します。
新たなかたちの回数券を検討中です。
現在お持ちの回数券は引き続きご利用いただけます。)

一般的には注目され始めたばかりのこの量子医学という分野、
まだまだ未知な部分が多い世界です。
当院も進化の過程ではありますが、
みなさまのキャンペーンへのご協力に感謝すると共に、
今後も体や心のあり方を通して真の健康を考える場となれるよう
ご協力賜れれば幸いです。


うれしいお便りをいただきました


IMG_5075
遠方にお住まいの患者様から、素敵なお手紙が届きました。

便箋一枚一枚に、秋桜やススキ、柿など、
季節の水彩画と俳句が添えられた絵手紙。
心がふぅっと和みます。

長年のお悩みが1回の施術で解消されたことを喜んでくださり、
丁寧にお手紙をしたためてくださったのでした。

骨格矯正およびメタトロンでのスキャニングとセラピーを行い、
生活面でのカウンセリングをさせていただいたのですが、
一ヶ月後の再来院までに生活面や食べ物に気をつけて
がんばります、と書かれています。

アドバイスをきちんと受け止め
自発的に改善に向けて取り組んでくださる姿勢は
施術者にとって、とてもうれしいことです。
施術効果も飛躍的に高くなります。

Mさん、心温まるお手紙をどうもありがとうございました。
次回、成果をみせていただけるのを
楽しみにしていますね。


ジュースの絞りかすの利用法

夏に記事化したコールドプレスジュースを
おうちで実践なさっている患者さま。
「絞りかすのいい利用法があれば教えてください」
と質問をいただきましたので、
我が家の定番化した利用方をご紹介します。

こんな風にニンジンの絞りかすが出るわけですが
IMG_7619
手っ取り早のが、ニンジンごはん。
おあげさんと共に、だし汁、薄口醤油、酒、塩、で炊きます。

IMG_2909

その他には、
・ハンバーグに(ミンチの1/3を絞りかすに置き換え)

・お好み焼きやチヂミに(タネに混ぜ込めば野菜が苦手なこどもに◎)

・インド風カレーに
(カレールウ不使用でスパイスから作るシャバシャバのカレーに入れると、
適度にトロリとします)

・ニンジンとマンゴーのサラダ
河合真理先生のレシピを参考に。
ドライマンゴーをヨーグルト(我が家は豆乳ヨーグルト)で戻し
ニンジンの絞りかすと和え、オリーブオイル、塩、レモンで味付け。
ローストしたカシューナッツを散らす。チリパウダーを加えても◎)

・焼かないキャロットケーキ
くみんちゅさんのレシピ。小麦粉・乳製品不使用。
ナッツとドライフルーツを刻んで絞りかすと固めるだけ!)
IMG_2996

IMG_8946

すぐには使わない絞りかすは、冷凍保存しておくと便利です。
そろそろ寒い季節のレシピも試作しなくては……
みなさんからもよいレシピがあれば教えてくださいね。


風邪の対処はお早めに

朝晩ひんやりしてきましたね。

当院でもさっそく患者さまたちから
「風邪引いたみたい~。先生、アレ、お願いします!」
と言われることが多くなりました。

アレとは、もちろんバイオレゾナンスでの周波数調整。
ひき始めに対処すると1回でスッキリです。

風邪の原因は35種類ほどのウイルス・細菌・バクテリア。
まずそれらを解毒する周波数で調整します。
さらに、細胞の活性化や血液の正常化など、
カラダの基本的な部分を整える周波数で
抵抗力の落ちた身体を回復させます。

すると、のどの痛み、鼻水、熱などの症状もスッキリ。
風邪のひき始め、早ければ早いほど、
調整の回数も少なくて済みます。

上記のような症状がなくても、
何となくだるかったり疲れやすかったりといったことも
風邪の周波数で調整することによって改善するケースが多々あります。
風邪に感染していて体力が落ちている状態ですね。

調整後に熱が一時的に上がることがありますが、
発熱はウイルス・バクテリアを解毒するための身体の正常な反応。
むしろ歓迎すべきものです。

多くの方が発熱すると「どうしよう!熱を下げなきゃ!」
と解熱剤を服用されたりしますが、
解熱剤はこの解毒しようとする身体の働きを止めてしまいます。
避けた方がよいですね。
皆さまには、この意識改善を是非ともお願いしたいと思います。

風邪薬は、風邪の症状だけを抑えるものです。
症状がラクになったからといって、
ウイルス・バクテリアといった風邪の原因が解決したわけではありません。
治りたい一心で風邪薬を飲み続けていると
かえって治りが遅かったり慢性化したりしてしまいます。
また、抗生物質などは腸内細菌叢を乱しますし、
抗生物質アレルギーの恐れもあります。

周波数による調整は副作用もなく、
身体がもつ本来の力を後押ししてくれます。
特にお子様には効果が高く、
お薬を避けているご家庭の方に喜んでいただいています。

IMG_3526


夏期休暇のお知らせと熱中症対策

誠に勝手ながら弊院は
8/13(木)~8/17(月)まで夏期休暇とさせていただきます。

暑い日が続きますが、熱中症などに気をつけてお過ごしくださいね。

熱中症といえば、我が家が気をつけていることは水分補給と共に「塩」。
精製されている「食塩」はダメですよ。
「自然塩」を使ってくださいね。

自然塩には、汗で流出してしまうカリウム、カルシウム、マグネシウムなどの
ミネラルが豊富に含まれています。

塩分の摂り過ぎに神経質になっている方もいらっしゃるかと思いますが、
自然塩の場合、過剰な塩分は排泄されるため、塩分摂り過ぎの心配がないといいます。
(そうは言っても、何事もやり過ぎは厳禁ですよ!)

また、旬のお野菜にも、その季節の身体に必要なものがたっぷりつまっています。
みずみずしいキュウリやスイカに塩をすこしかけて食べる昔ながらの知恵は、
脱水症状予防に効果的。

旬の恵みをおいしくいただいて、元気に過ごしましょう!

IMG_4148


毎日コールドプレス・ジュース!

我が家では、夫婦で朝はにんじんジュースだけの半断食。
(こどもはちゃんと食べてますよ。)
これまでは普通のミキサーを使用していましたが、
せっかくなら酵素や栄養素をちゃんと摂取したい!
と低速圧搾のコールドプレス・ジューサーをあれこれと検討し、
思い切ってエンジェル・ジューサーを購入しました。

IMG_3578

威風堂々、オールステンレスのすごい存在感。
値段が値段なので躊躇しましたが、買ってよかった!おいしい!
毎日、朝と夕食前の2回、たまにはランチ前にも、フル回転。
オーガニック野菜を大量に揃えたり、野菜を押し込んだり、
分解して洗い物したりの手間はかかりますが、それ以上の満足感が。
スイーツ買うならジュース用の野菜や果物を買おうって思うようになりました。

IMG_3585野菜はこれぐらいにカットして、木の棒でぎゅーっと押し込みます。

IMG_3589大きめのにんじん3本でこれだけのジュースができます。
絞りかすはパッサパサ。
さすがエンジェルジューサー、すごい圧搾力です。
ごまからごま油も絞れるんだとか。

IMG_3726ビオファさんから届いたオーガニック野菜。
このにんじんは有機栽培ですが動物性の肥料を使用していないので、
自然栽培に近いとのこと。
たしかに媚びたような甘さではなく、野性味溢れる甘みでした。

IMG_3603絞りたてジュースを院までデリバリーすることもあります。
院長は男性にはめずらしく(?)こういうのが大好きで、
このジューサーが我が家に来てからは早起きして作ってくれるようにもなりました!

栄養価の高い生のブロッコリも、ジュースにすると摂取しやすいですよ。
この素晴らしい成分、見逃す手はないです。
・メチルメタンチオスルホネート:細胞修復作用
・スルフォラファン:解毒作用、抗酸化作用
抗ガン作用も期待できるということで、最近注目されていますね。


「ガンの家」の原因はジオパシック・ストレス?

代々にわたりガン患者が発生する「ガンの家」、
そんな恐ろしい話を聞いたことがありませんか?

呪い?たたり?
・・・違います。

その原因はジオパシック・ストレスと呼ばれる
大地から放射されるマイナスエネルギーであることがわかっています。

ジオパシック・ストレスは、次のものから発せられます。
・地中を流れる水脈
・断層や地面の亀裂
・地磁気の刺激帯

giopathic

ドイツでは1920年代にはジオパシック・ストレスの研究が始まっていました。
親、子、孫と代々ガンでなくなるお宅がいくつもあり、
その解明のために医師とダウザー(水脈や鉱脈をダウジングで探る技術者)が
協力して環境や土地を調査したのです。
その結果、そうしたお宅の地下には水脈や断層の存在が確認でき、
さらに、亡くなった人の寝室の下には共通して地磁気の刺激帯が発見されたそうです。
ものを大事にするドイツでは、家や家具も代々引き継がれることが一般的で
ベッドの位置もそのままで眠るため、同じような病気が引き起こされたのでしょう。

ドイツの振動医学(バイオレゾナンス)を実践している医師が
ある乳ガン患者の寝室を調査したところ、ベッド下に上記3つが交差しており、
その負荷が睡眠中に蓄積されたためガンを誘引したという見解を発表しています。
この患者さんには他にも腰や膝の痛みがあったそうですが、
ベッドの位置を変えることで症状が解消したそうです。

bedroom

原因不明の症状で、電磁波対策も万全に行っているのに……というときには、
ベッドの位置や頭の位置をずらしたりしてみるのも一考です。

当院でもバイオレゾナンスによるジオパシック・ストレスの検査を実施しています。
もし検査で陽性が出た場合には、デュープレックスの設置をおすすめします。
また、実際に寝室に検査器をお持ちしてジオパシックの刺激帯を調査し、
適切なベッドの位置もご提案させていただいております。
お心当たりの方は当院までご相談くださいね。
(1寝室あたり1万円。交通費実費。電磁波ストレスの検査付き)

 


電磁波がひどくて引っ越したお話

586

以前の我が家のテラス。(周囲は画像処理してあります)
すぐ外にこんなものがありました。
引っ越し当初、電気屋さんに確認してみたところ
「トランスは関係ないですよ」とのことだったので安心していました。

でもやっぱり気になるので専門家に測定してもらったところ、驚愕の事実が……。
「日本全国を測定してきましたけど、歴代一位か二位のひどさ!
鉄塔の下でもこんな数値でませんよ。
すぐに引っ越してください!」

「引っ越した方がいいですよ」じゃなくて「引っ越してください!」
ですから、事態の深刻さが想像できます……。

585
簡易測定器で測っても、やっぱりアウト。
原因はトランスよりも高圧電線でした。

引っ越す理由は他にもあったものの
電磁波問題が決め手となり、気に入っていたお部屋ですが一年弱で退去しました。

こどもが大病を発症してから後悔しても遅いですから。
毎日洗濯物干してる奥さんも危ないですよ、とも言われました。

そして転居先の物件は、電磁波測定器を持ち込みながら慎重に探しました。

596
ついでに、鉄塔の多いくずはの街中もあちこち測って回りましたよ。

589
くずはを訪れた専門家は、街の中にこんな鉄塔が多いことに驚いていました。
ドイツでは法律で厳しく規制されていて、こんな光景はあり得ないそうです。
日本では電力会社や国が電磁波の危険性について教えてくれることはありません。
家族の健康は、自分たちで守らなくてはなりませんね。


Top