2019年12月

アレルギー物質のレメディを作って症状を改善する

鼻水が止まらない、肌が痒いといった
症状に悩まされる方は多いと思います。

その症状が
アレルギーによるものである場合、
アレルギーの原因となるもの
(アレルゲン)を特定し、
そのアレルゲンのレメディを作って
摂取するという方法があります。

当院ではアレルギーに対するアプローチが
いくつかありますが、
今回は上記の方法による改善例
3つをご紹介します。

1)小麦アレルギー改善例
飲食店を経営されている男性。
小麦粉の袋を開けると
鼻水が止まらなくなるほどの症状で
悩んでおられました。
病院の検査で小麦アレルギーと
診断されたとのことでしたので、
小麦のレメディを最適なポーテンシーで
作成してお渡ししたところ、
症状が改善しました。

2)皮膚の痒み改善例
今年の夏のことでした。
皮膚が痒くて困っているという女性。
当院独自の手法で
アレルゲンを探ってみると、
原因は汗だと判明。
汗の採取用のガラス管をお渡しし、
数日後に返送してもらいました。
その患者さんの汗のレメディを作り
お渡ししました。
摂取後すぐに痒みはおさまり、
症状もすっかり出なくなったと
連絡をいただきました。

3)猫アレルギー改善例
月に1度、
定期的に通っているお宅に猫がいて、
涙と咳で困っていた患者さん。
その猫の毛を採取してもらい
レメディをお作りしました。
繰り返し摂取しているうちに
そのお宅へ行っても
症状が出なくなったということです。

レメディはその物質の
エネルギーだけを取り出したものです。
それを摂ることによって
身体がエネルギー的に反応し、
改善へと向かわせることができます。
アレルゲンがわかっているけれど
対処法がわからない方、
また、何が原因なのかわからない方も、
一度ご相談なさってください。

【アレルゲンの特定とレメディ作成】
以下をご明記の上、
メールでお申し込みください(来院不要)。
・症状
・お名前
・生年月日
・お支払い方法
(振込または
クレジットカードのオンライン決済)

お支払い確認後の開始となります。

簡易検査:2,000円〜
レメディ:600円〜
(すべて税別)

かふかホリスティック療法院
info@kafuka.co.jp


Top