周波数で作物を害獣から守る

前回、周波数の遠隔送信(リモート)で
シロアリ駆除の成功例をお伝えしました。
今回は害獣対策です。
同じ周波数の活用でも、
害虫と害獣では手法が違います。

我が家では有機栽培の農家さんから
野菜を分けていただいていますが、
最近はカラス、イノシシ、
モグラ、アライグマなどが
一夜にして畑の作物を食い尽くしてしまう
というお話をよく聞くようになりました。
そんな中でもまた畑を耕し、
種を蒔く農家の皆さんには、
実に頭が下がる思いです。

そこで、農家さんにも
周波数を役立てることはできないかと
試行錯誤を繰り返してきました。
農地に
害獣の嫌がる周波数を送り続ければ
害獣が寄り付かなくなるのでは?
という予想のもと、
カラスにお困りのある鳥取の梨農園さんに
モニタリングをお願いしました。

ほぼ同一条件下にあるA農地とB農地のうち、、
A農地にのみ周波数を送信してみました。
(両方の農地にはすでに
カラス除けのスピーカーを
導入されているとのことでした)

開始後5日目にお話をお伺いすると、
A農地でカラス被害にあった梨は40個、
B農地では1,000個だったそうです。
カラスは大群で飛来し、
3日もあれば1,000個ほどは
すぐ食い尽くすそうです。
相当な脅威であり損害だと思います。

被害がゼロとまではいきませんでしたが、
害獣にお困りの農家さんには
十分お役立ていただける数字かと思います。
ご希望の農家さんは、
安心の後払いでお試しいただけます。

【周波数による害獣対策】
ご用意いただくもの:
・google earthなどで手に入る
 農地の航空写真(エリアを赤ペンで囲んだもの)
・農地の東西南北の土(各ポイントごとに小さじ1杯)

<後払いシステム>
納得していただいたらお支払いいただく、
後払いです。
料金:1ヶ月 25,000円(税別)

開始後2週間で結果をお伺いします。
納得いただけましたら
その2週間を含めた1ヶ月分の料金を
お支払いいただきます。
入金確認後、
残り2週間の周波数送信を行います。
その後は必要でしたら1ヶ月ごとに更新してください。

かふかホリスティック療法院
info@kafuka.co.jp
(お申し込みはメールで受付します)

Top