2019年6月

風邪のアプローチ例(何に感染しているかを知ることの重要性)

一口に風邪といっても
様々な症状があり、
それを引き起こしている原因も
様々です。

当院では風邪に対して
どのように周波数を利用し
施術してゆくか、
ひとつの例をご紹介します。
これは風邪に限らず、
他のどんな症状にもあてはめて
考えることができるものですので、
ぜひ参考になさってみてください。

5月の連休中、
7歳になる娘が
夜に突然ぐったりして嘔吐し、
その後発熱しました。
流行している胃腸風邪かと思い、
自宅にある家庭用のパウルシュミット式
周波数調整器で風邪と胃腸の一般的な
総合プログラムをセットし、
調整を行いました。

翌朝、吐き気は治まったようでしたが、
熱は続いたままでした。
多少の熱ならものともしない娘ですが、
ぐったりと眠っています。

インフルエンザナムという
風邪全般に有効なホメオパシーの
レメディを作成し摂らせると、
熱は下がったようでしたが、
夕方にまた発熱しました。

たいていの場合は
これくらいで回復するのですが、
今回は様子がいつもと違います。
この際ですから腰を据えて
娘が何に感染しているのかを調べるために、
療法院まで検査測定用の器具を
取りに行きました。

通常では、
風邪に関するバクテリアやウイルス
(アデノ、コクサッキー、インフルエンザ等)
に反応が出るのですが、
前日に調整した風邪と胃腸のプログラムに
それらの解毒がセットになっているため、
それらには反応がありませんでした。

反応があったのは、
コロナウイルスの周波数でした。
(コロナウイルスは風邪インフルエンザの
一般的な総合プログラムには
含まれていません)

コロナウイルスの周波数を調整すると、
見た目にも明らかに、
みるみる元気を取り戻しました。

「不調の原因はほとんどの場合が
バクテリア・ウイルス・細菌・真菌
による感染である」
とするドイツの博士がいるのですが、
その言葉を実感した一件でした。
最近ではガンやリウマチなどにも
ウイルスが関係しているという説もあります。

また、経験による見立てではなく、
正確な周波数検査によって
原因を突き止めることの大切さを、
改めて認識した次第です。

【上記のような風邪フルセットの料金】
初回:7,000円 (上記のウイルス検査込み)
2回目以降:5,000円
レメディ:1,500円(約2週間分)
(すべて税別)


Top