2019年

アレルギー物質のレメディを作って症状を改善する

鼻水が止まらない、肌が痒いといった
症状に悩まされる方は多いと思います。

その症状が
アレルギーによるものである場合、
アレルギーの原因となるもの
(アレルゲン)を特定し、
そのアレルゲンのレメディを作って
摂取するという方法があります。

当院ではアレルギーに対するアプローチが
いくつかありますが、
今回は上記の方法による改善例
3つをご紹介します。

1)小麦アレルギー改善例
飲食店を経営されている男性。
小麦粉の袋を開けると
鼻水が止まらなくなるほどの症状で
悩んでおられました。
病院の検査で小麦アレルギーと
診断されたとのことでしたので、
小麦のレメディを最適なポーテンシーで
作成してお渡ししたところ、
症状が改善しました。

2)皮膚の痒み改善例
今年の夏のことでした。
皮膚が痒くて困っているという女性。
当院独自の手法で
アレルゲンを探ってみると、
原因は汗だと判明。
汗の採取用のガラス管をお渡しし、
数日後に返送してもらいました。
その患者さんの汗のレメディを作り
お渡ししました。
摂取後すぐに痒みはおさまり、
症状もすっかり出なくなったと
連絡をいただきました。

3)猫アレルギー改善例
月に1度、
定期的に通っているお宅に猫がいて、
涙と咳で困っていた患者さん。
その猫の毛を採取してもらい
レメディをお作りしました。
繰り返し摂取しているうちに
そのお宅へ行っても
症状が出なくなったということです。

レメディはその物質の
エネルギーだけを取り出したものです。
それを摂ることによって
身体がエネルギー的に反応し、
改善へと向かわせることができます。
アレルゲンがわかっているけれど
対処法がわからない方、
また、何が原因なのかわからない方も、
一度ご相談なさってください。

【アレルゲンの特定とレメディ作成】
以下をご明記の上、
メールでお申し込みください(来院不要)。
・症状
・お名前
・生年月日
・お支払い方法
(振込または
クレジットカードのオンライン決済)

お支払い確認後の開始となります。

簡易検査:2,000円〜
レメディ:600円〜
(すべて税別)

かふかホリスティック療法院
info@kafuka.co.jp


絵画の周波数を治癒に役立てる

すべてのものには固有の振動(周波数)があり、
それぞれが出会うときそこに共鳴が起こり
結果として現象が現れる。

これが私たちの生きる世界、
もっと言えば広い宇宙の基本法則だと思っています。

しかしその過程で「何が起こっているのか」のすべてを、
私たちはまだ解明することができません。
想像の域を遥かに超えた領域です。
ですから、私たちの狭い理屈で
無理に語り尽くそうとする必要はなく、
そこに起こる現象を
ただありがたく受け止めればよいと
最近は考えるようになりました。

そのような現象を、
私たちの幸せにどのように効果的に活かせるか、
それが当院が施術を通してずっと取り組んでいることです。

図形や色、画像や絵画は多くの情報量を持ちます。
その情報がどのようなものかは説明がつきません。
しかし、固有の周波数を持っています。
それをヒトの周波数に共鳴させると、
DNAコードをポジティブなもの
に変化させる力を持つものが存在します。

例えば、医師の丸山修寛先生が監修され、
臨床でも活用しておられる「クスリ絵」。
丸山先生が神聖幾何学
(図形に秘められた力を利用した幾何学)や
数学、量子物理学、東洋医学などの
概念を取り入れて開発された、
生命エネルギーを上げる絵(デザイン)のことです。

クスリ絵は潜在意識に働きかけて
生命エネルギーを補い、
不調を引き起こす原因となる
負の記憶を一掃するといいます。
すると、ヒトが本来持っている免疫力が上がり
潜在能力が引き出されて不調や問題が
解決していくのだそうです。
症状に合わせて60種類あります。

本来の使用法としては眺めたり
体に貼ったりするそうですが、
このクスリ絵の周波数を
7.83Hz(シューマン波)に乗せて伝送し続け、
検証してみました。
慢性的な症状でお困りの方、
複雑な原因をもつ症状でお困りの方からも
よい感触をいただきました。
ただ眺めている時とは
比較にならない実感があったそうです。
周波数がより直接的に共鳴したということだと考えます。

ここで大切なことは、クスリ絵とのマッチングです。
その症状が必要とするクスリ絵の周波数を正確に測定して、
適切なものを選ばなければなりません。
ある患者さんは開張足のため足裏が痛くて歩けないため
ご自分で筋骨系用と書かれたクスリ絵を試しておられたそうです。
実際に周波数を測定して最適だったものは
「不整脈用」と書かれているクスリ絵でした。
私たちが把握しきれないことが
周波数にはまだまだたくさん秘められているようです。

【クスリ絵の周波数伝送】
1週間ごとにエネルギーの変化を測定し、
それにあったクスリ絵の周波数を遠隔します。
1ヶ月 15,000円(税別)

かふかホリスティック療法院
072-850-3646
info@kafuka.co.jp


症状の原因を深層心理に見つける

40代女性。
2年間も目の調子が悪く、
病院では虹彩炎と診断されたものの
症状が改善しないとのことで、
相談を受けました。
新システムで施術を行いました。

このシステムは
イギリス製のラジオニクス機を使用して
当院が独自に開発し、
数ヶ月間の検証を経てようやく実用化したものです。

特筆すべきは、
症状の原因を探るときに
潜在意識までを視野に入れることです。
病は気からといいますが、
まんざら嘘でもないことを教えてくれます。
今回の症例もそのひとつでした。

このシステムでは、
症状の原因を以下の項目に反応するかしないかで
絞り込み、特定していきます。

・気 (チャクラ 経絡 経穴 オーラ)
・感情(怒り 悲しみ 恨み 憎しみ 焦り など)
・栄養(食生活 栄養の偏り 体内毒素 水分不足 サプリメント)
・構造(体の歪み 姿勢 骨格の歪み 外傷 噛み合わせ)
・環境(電磁波 天気 気候 大気汚染 自然環境 職場 家庭 学校)
・人間関係(家族 恋人 友人 仕事 自分自身 トラウマ)
・人間関係以外(能力 お金 結婚 恋愛 信じ込み セックス)
・遺伝 
・霊障

この女性の目の症状は
「感染」や「免疫」には反応がなく、
「環境」や「人間関係」に反応があり、
さらに細かくその分野を探っていくと
「離婚」というワードにヒットしました。

実は3年ほど前に
離婚を経験されているということでした。
将来が不安でこれから先のことを
見つめることができないという潜在意識が、
目の症状を起こしているのでした。

目の症状を解決するには、
ご自分でしっかり生きていく気持ちと
前を見る勇気が必要です。
それをサポートするための
最適な方法を測定した結果、
バッチフラワーレメディー
(花の周波数を水に転写したもの) の
スイートチェストナットがヒットしたので
作成し、摂っていただくことにしました。

スイートチェストナットは、
耐えがたい痛みや苦しみ、
絶望感、落ち込みや無力感により、
すべてのことに希望が持てず、
心身両面で極限状態にある人を
サポートする周波数をもつといわれる植物です。

ところで、
今回のケースは来院が難しいということで、
一度も来院されることなく
全てを遠隔で行いました。
10日後、
目の調子がとてもいいと連絡をいただきました。
これからも自分と向き合いながら
適切なレメディを摂っていきたいとのことでした。

症状というものは肉体面にとどまらず、
私たち自身の生活や生き方に
何かを届けるためのメッセージなのかもしれません。
潜在意識が司るものは深遠で、
それと向き合うことはとても大切なことだと感じます。

今回使用したラジオニクスを用いた手法や
遠隔測定などは、不可思議極まりない世界です。
しかし、患者さんからいただく
うれしい報告が何よりの実証であり、
当院の確信となりエネルギーとなっています。

【ラジオニクス新システムで深層心理まで測定】
1回 5,500円(所用時間 1〜2時間)
症状にあった適切なレメディ 660円〜

遠隔で測定可能
メールにてお問い合わせください
info@kafuka.co.jp
かふかホリスティック療法院


周波数で作物を害獣から守る

前回、周波数の遠隔送信(リモート)で
シロアリ駆除の成功例をお伝えしました。
今回は害獣対策です。
同じ周波数の活用でも、
害虫と害獣では手法が違います。

我が家では有機栽培の農家さんから
野菜を分けていただいていますが、
最近はカラス、イノシシ、
モグラ、アライグマなどが
一夜にして畑の作物を食い尽くしてしまう
というお話をよく聞くようになりました。
そんな中でもまた畑を耕し、
種を蒔く農家の皆さんには、
実に頭が下がる思いです。

そこで、農家さんにも
周波数を役立てることはできないかと
試行錯誤を繰り返してきました。
農地に
害獣の嫌がる周波数を送り続ければ
害獣が寄り付かなくなるのでは?
という予想のもと、
カラスにお困りのある鳥取の梨農園さんに
モニタリングをお願いしました。

ほぼ同一条件下にあるA農地とB農地のうち、、
A農地にのみ周波数を送信してみました。
(両方の農地にはすでに
カラス除けのスピーカーを
導入されているとのことでした)

開始後5日目にお話をお伺いすると、
A農地でカラス被害にあった梨は40個、
B農地では1,000個だったそうです。
カラスは大群で飛来し、
3日もあれば1,000個ほどは
すぐ食い尽くすそうです。
相当な脅威であり損害だと思います。

被害がゼロとまではいきませんでしたが、
害獣にお困りの農家さんには
十分お役立ていただける数字かと思います。
ご希望の農家さんは、
安心の後払いでお試しいただけます。

【周波数による害獣対策】
ご用意いただくもの:
・google earthなどで手に入る
 農地の航空写真(エリアを赤ペンで囲んだもの)
・農地の東西南北の土(各ポイントごとに小さじ1杯)

<後払いシステム>
納得していただいたらお支払いいただく、
後払いです。
料金:1ヶ月 25,000円(税別)

開始後2週間で結果をお伺いします。
納得いただけましたら
その2週間を含めた1ヶ月分の料金を
お支払いいただきます。
入金確認後、
残り2週間の周波数送信を行います。
その後は必要でしたら1ヶ月ごとに更新してください。

かふかホリスティック療法院
info@kafuka.co.jp
(お申し込みはメールで受付します)


シロアリやゴキブリの駆除も周波数で

当院では周波数の活用を

人体に限らず様々な分野においても

検証しています。

今回は、
住宅に発生する
害虫の駆除の方法が
確立できました。
(シロアリ、ゴキブリなど)



害虫駆除薬には
有毒な薬品も含まれており、
妊娠している方やお子様、

ペットへの影響が心配ですね。
周波数を利用すれば

強い薬品を用いることなく安心です。

毎年シロアリに悩んでいたお宅の

駆除例をご紹介します。


6月頃からシロアリが出てきて

そのたびに燻煙式殺虫剤を焚いたり

市販の駆除スプレーで対処していたそうです。


まずシロアリの死骸を1つ送付していただき

それをサンプルとして

リモートで周波数を送信しました。
毎年雨が降った後は
たくさん出てくるのに

今年は見当たらない
との報告をいただきました。
5日目頃から目に見えて
実感があったそうです。


一匹のシロアリのサンプルが、

その巣にいるシロアリ全体の
代わりとなります。


化学物質過敏症が

広く知られるようになってきましたが、
今後も私たちのくらしの中で

化学物質を使わずに対処できる方法を
様々な分野で応用していきたいと思います。

【住宅の害虫駆除リモートプログラム】

1ヶ月単位:15,000円/月(税別)


お申し込み:
かふかホリスティック療法院
info@kafuka.co.jp

(何の害虫でお悩みかお知らせください)


かふかホリスティック療法院
トップページ


不定愁訴は、遅延性アレルギーかも。

だるい、しんどい、疲れやすい、
といった辛い症状が明らかにあるのに
病院でも原因がわからず、
精神的なものと片付けられてしまう・・・
そんな不定愁訴を抱える方は
たくさんいらっしゃいます。

当院では、不定愁訴に関しては
解毒や電磁波の問題、
自律神経やホルモンバランスの問題から
取り組んできましたが、
ある時から、不定愁訴の方のほとんどが
アレルギーの周波数に反応することに
注目していました。

そこで、アレルギーの側面からの
トリートメントも取り入れてみると
やはり手応えを感じることが
多くなりました。

食物検査で身体に合っていない食物を調べ、
アレルギーの基本プログラムと併せて
トリートメントするのですが、
これで改善がみられる不定愁訴は、
遅延性アレルギーによる症状だった
ということができるでしょう。

一般的にアレルギーの症状というと
皮膚や鼻にかゆみなどの不快感が出る
イメージがありますが、
それだけではないということです。

即時性アレルギーの場合は
食べてすぐに反応が出るので
わかりやすいのですが、
遅延性アレルギーといわれる
時間をかけて徐々に
炎症が広がるタイプのアレルギーは、
自覚することがなかなか難しいものです。

不定愁訴以外にも、
その炎症が関節に向かえば
関節痛になりますし、
甲状腺に向かえばパセドウ病など
甲状腺の疾患につながりますし、
すい臓に向かえば
糖尿病などの疾患につながります。
実際、糖尿病の方も
アレルギーの周波数に反応する方が
多いのです。

ですから、周波数検査で
小麦が合わないと出ているのに
目に見える自覚症状がないからといって
毎朝パン食を続けるのは考えものです。

ご自分にアレルギーがあるかのチェック、
そして合わない食べ物のチェックは
案外大切なことなのです。

合わない食物があった場合は
その食物に徐々に身体に慣らしていく
減感作という方法をとることもあります。
(周波数を用いた減感作です)

【不定愁訴の場合の料金(初回)】
食物検査 5,000円
アレルギー基本プログラム 5,000円
減感作 1,000円
レメディ 1,500円
(すべて税抜)

※減感作での注意
減感作を行なった後は
体の反応が出ることがあります。
例えば花粉の場合は、
花粉症の症状が強く出ることもあります。
(反応が強いほど、
その後の改善が良好なケースが多いです)
食物の場合は、
まだ減感作が完了していない段階で
その食品をとってしまうと
嘔吐のおそれもあります。
減感作の経過観察中に
軽い気持ちで対象食物を
食べることは避けてください。

かふかホリスティック療法院
トップページ
info@kafuka.co.jp
072-850-3646


風邪のアプローチ例(何に感染しているかを知ることの重要性)

一口に風邪といっても
様々な症状があり、
それを引き起こしている原因も
様々です。

当院では風邪に対して
どのように周波数を利用し
施術してゆくか、
ひとつの例をご紹介します。
これは風邪に限らず、
他のどんな症状にもあてはめて
考えることができるものですので、
ぜひ参考になさってみてください。

5月の連休中、
7歳になる娘が
夜に突然ぐったりして嘔吐し、
その後発熱しました。
流行している胃腸風邪かと思い、
自宅にある家庭用のパウルシュミット式
周波数調整器で風邪と胃腸の一般的な
総合プログラムをセットし、
調整を行いました。

翌朝、吐き気は治まったようでしたが、
熱は続いたままでした。
多少の熱ならものともしない娘ですが、
ぐったりと眠っています。

インフルエンザナムという
風邪全般に有効なホメオパシーの
レメディを作成し摂らせると、
熱は下がったようでしたが、
夕方にまた発熱しました。

たいていの場合は
これくらいで回復するのですが、
今回は様子がいつもと違います。
この際ですから腰を据えて
娘が何に感染しているのかを調べるために、
療法院まで検査測定用の器具を
取りに行きました。

通常では、
風邪に関するバクテリアやウイルス
(アデノ、コクサッキー、インフルエンザ等)
に反応が出るのですが、
前日に調整した風邪と胃腸のプログラムに
それらの解毒がセットになっているため、
それらには反応がありませんでした。

反応があったのは、
コロナウイルスの周波数でした。
(コロナウイルスは風邪インフルエンザの
一般的な総合プログラムには
含まれていません)

コロナウイルスの周波数を調整すると、
見た目にも明らかに、
みるみる元気を取り戻しました。

「不調の原因はほとんどの場合が
バクテリア・ウイルス・細菌・真菌
による感染である」
とするドイツの博士がいるのですが、
その言葉を実感した一件でした。
最近ではガンやリウマチなどにも
ウイルスが関係しているという説もあります。

また、経験による見立てではなく、
正確な周波数検査によって
原因を突き止めることの大切さを、
改めて認識した次第です。

【上記のような風邪フルセットの料金】
初回:7,000円 (上記のウイルス検査込み)
2回目以降:5,000円
レメディ:1,500円(約2週間分)
(すべて税別)


セロハンテープを利用して空気中のアレルゲンを減感作

アレルギーの減感作療法とは、
アレルゲン
(アレルギーの原因となるもの)を
少量ずつ身体に与えて
慣らしていくことにより、
アレルギー症状を緩和するものです。

一般的にはアレルゲンのエキスを
経口や皮下注射によって
投与しますが、
バイオレゾナンスでは
アレルゲンの周波数だけを
利用して行うことが可能です。

花粉症、アトピー、鼻炎、
食物アレルギーなどに
用いる手法です。
(アレルギーに対しては
減感作以外の方法もあります)

当院では各種花粉、
200種類以上の食物、
約400種類の細菌、ウイルス、
寄生虫、真菌などの
検査キットの用意がありますが、
大気中にはそれ以外にも黄砂、
PM2.5やその他有害化学物質、
大気汚染物質、細菌、真菌など、
数多くの物質が浮遊しています。

その浮遊物は、
時代、季節、地域によって異なるので、
自分にとって
何がアレルゲンとなっているかを
正確に把握するのは
簡単なことではありません。

ところが、
それらをまとめて効果的に減感作する
おもしろい方法を発見しました。
モニタリングでも
ご好評いただきましたので、
ご紹介致します。

医療用紙テープやセロハンテープを
30cmくらいの長さに切り、
晴れた日(風がある日が望ましい)に
戸外で1日吊るしておきます。

空気中に浮遊する微細な物質が
テープに付着しますので、
付着面同士をくっつけて
来院時にお持ちください。

あなたの生活環境における
大気中の浮遊物のなかで、
どの物質が
体の負担になっているかを特定し、
周波数による減感作を行うことができます。

そのアレルゲンの
周波数情報を転写したレメディや水も、
数日間お摂りいただきます。

最近特に多いのは、
倦怠感、イライラ、集中力に欠ける
などの症状が、
実はPM2.5と黄砂のアレルギーだった
というケースです。

自分ではなかなか気づけませんね。

【大気中のアレルゲン
まとめて減感作セット】
・アレルギーの基本プログラム 5,000円
・テープからの周波数抽出と調整 1,000円
・レメディ(約2週間分)1,500円
――――――――――――――――
合計 7,500円(すべて税別)


ダニに噛まれて重症化する前に解毒を

70代女性。
発熱し、全身の関節がリウマチのように痛く、
脚の皮膚はただれて湿疹ができていると
来院されました。

お話を伺うと、
数日前に箱根へ行ってからとにかく体がだるく、
調子が悪いとのこと。顔色もよくありません。

何かの感染と思われましたので

ウイルス、バクテリア、寄生虫、真菌(カビ)類から
身体の負担となっているものを調べ上げました。
約400種類の中から周波数的に探知します。

結果、寄生虫のカテゴリーでダニに強い反応があり、
バクテリアのカテゴリーでは
らせん菌属のボレリア菌に反応がありました。
他にもウイルスのカテゴリーで

ヘルペスウイルスなどの反応もありましたが、
ダニとボレリアの反応から、ライム病を疑いました。

ダニに刺されませんでしたかとお尋ねしたところ、
やはり箱根でトレッキングをしたときに
ダニに噛まれ、脚に痒みがあったということでした。


施術としては、
反応のあった項目に対して
パウルシュミット式バイオレゾナンスによって
上記のものの特定排出周波数を流し、解毒の調整を行いました。
さらにその情報を転写したレメディをお渡しして
ご自宅でも摂取していただきました。

数日後、顔色も良くなって来院され
すっかりよくなったとご報告いただきました。

これから夏に向けて、野外活動が多くなる季節です。

トレッキングや畑仕事など、
ダニに噛まれる機会が日常的にありますが

たかがダニだと侮っていてはいけません。

ダニは先述のようにボレリア菌をはじめ、
いくつかの細菌やウイルスを持っています。
それらに感染すると体調不良や関節の痛みの他、

血液の血小板にも悪影響を及ぼします。

慢性化すると深刻な状態に陥ることもあります。
ダニには肌の露出を避ける服装などで注意し、

もし噛まれてしまった場合は

早めに解毒のトリートメントを行いましょう。

【ウイルス・バクテリア・寄生虫・真菌(カビ)の検査&調整】

400種類近くの項目から
身体に負担をかけているものを探知し、

周波数的に調整を行います。

所要時間:約1時間
料金:検査5,000円+調整5,000円=10,000円
レメディ:2週間分 1,500円 
(いずれも税抜き価格)


レーザー光線を使用した血液クレンジングプログラムのご案内

血液を顕微鏡で観察してみると、
赤血球がまるでチェーンのように
重なり合っている血液を見かけます。
いわゆる「ドロドロした」血液です。
このような血液では、
赤血球が毛細血管をうまく通らず
体の隅々まで酸素を供給することが
できません。
血行不良ですね。
肩こり、手足の冷え、頭痛、
さらには脳梗塞を引き起こすことにも
なりかねません。

本来、赤血球は
ひとつひとつが重なり合うことなく
「サラサラと」流れている状態が理想です。
偏った食事やストレスも
大きな原因ではありますが、
中には血液を「サラサラに」する酵素が
少ないという方がいらっしゃるようにも
思います。

そんな「ドロドロ血液」を即時的に
「サラサラ血液」する画期的な施術を
開発しました。
血液のクレンジングに関係する周波数を
レーザー光線を使用して
手首の動脈に送り込みます。
2時間ほどの施術で、画像のように
血液の状態に明らかな変化を
見ることができます。
(画像1枚目:施術前、画像2枚目:施術後)
施術後は体が軽くなったという声も
いただいています。

【血液クレンジングプログラム】
レーザー光線を発するリストバンドを
手首につけ、ベッドに横になります。
周波数セラピー中は何の刺激もありません。
所要時間:約2時間
料金:6,000円(税別)
顕微鏡による、
施術の前と後の血液の観察込み。
(※血液を観察するだけであり
診断や医療行為を行うものではありません)

メールかお電話で
「血液のクレンジングプログラム希望」
とお伝えの上ご予約ください。

info@kafuka.co.jp
072-850-3646


Top