「御食事ゆにわ」さん

昨日のランチは、
久しぶりにきっちりと休日のとれた院長と
くずはの「御食事ゆにわ」さんで
「軽めのコース」をいただきました。

佐藤初女さんのおむすびの話をしながら、
ちこさんのおむすびをいただいていたのですが………

ちょうどこの時刻に初女さんが亡くなられていたことを、
夜になって知りました。享年94歳。

初女さんは青森の岩木山麓で「森のイスキア」を主宰し、
食を通して命の大切さを伝え続けていた女性。
自殺を考えていた青年が初女さんのおむすびによって
自分を取り戻したなど、逸話は数知れず。
日本全国から心や体に問題を抱えた人が訪れ、
日本のマザーテレサと呼ぶ人がいたほどの方です。

ゆにわのちこさんは、
お若いながら、西の初女さんともいえる方。
ちこさんはおむすびを握るとき、
降り注ぐ光や食べる人の笑顔をイメージしながら
握るといいます。
そんな「いのちのおむすび」を求めて、
いまや御食事ゆにわには全国からお客さんが絶えません。

食後にちこさんと少しお話させていただいたのですが、
「おいしかったです」なんて陳腐な言葉で
済ますことのできないお料理でしたので、
あえて感想は何も言えず………。

くずはには、「御食事ゆにわ」のほかにも
「べじらーめんゆにわ」
「社員食堂ゆにわ」
「茶肆(ちゃし)ゆにわ」
「ゆにわマート」
といったゆにわグループ(?)のお店がたくさんあり
我が家もよくお世話になっています。
当院からお帰りの際に、ぜひお立ち寄りになってみてくださいね。

IMG_6377

「いのちのおむすび」

IMG_6373

食材はすべてオーガニック。
調味料もオーガニックの域を超えた
逸品ばかりを使用されています。

IMG_6379

「神社」がコンセプトのお店なので、
おせち料理も神様に捧げるという意味で
お正月に限らず供されます。

IMG_6381

行事を大切になさる、ゆにわさん。
節分の鰯も、実に丁寧な下処理と焼き加減。

IMG_6384

玄米麹の香の物でご飯をいただく頃には
身体中の細胞が生まれ変わったような
満たされた気分に。

IMG_6406

コーヒーもぬかりなく
ケニアのオーガニック豆を使用。
専門店も唸るような美味しいコーヒーです。

Top