2013年8月

2歳児の高熱が薬なしで沈静(枚方市)

2歳女児。
当院スタッフのお子さんです。

原因不明、夕方からぐんぐん熱が上がり39.6℃に。
念のため小児科で抗生物質と頓服の解熱剤を処方してもらうも、
自然治癒力で治るはず!と緊急来院。
当院で骨格矯正のサブ治療として活躍している可視光線治療を行いました。

ママに抱っこされながらの光線照射。

元気を取り戻し、帰宅後は熱っぽいながらもお風呂で水遊びしていたそうです。
就寝時には当院で始めた波動療法も行いました。
すると荒かった呼吸も高熱も2時間後には沈静化に向かい、
朝にはなんと平熱に戻っていました!

小児科では「1週間ぐらい平熱には戻らない」といわれ、
保育所でも「高熱の後はぶり返すから」と自宅待機をすすめられたそうですが、
そのままいつもの元気な姿に復活!
引き続き朝・晩に光線照射を続けたところ熱が再発することもなく、
その翌日にはキャンセルを覚悟していた旅行にも出かけられました。

よかったですね♪

「お薬で抑え込まずに、自然治癒力で熱を出し切ったから
こんなに早く治ったんですね!」と喜ぶスタッフでした。
初めてのこどもの高熱で勇気ある対処に踏み切れたのも素晴らしいですね。
でも、ひどい高熱は医療機関で原因を見極め、
適切な判断と処置をとるようにしてくださいね。

※今回のケースは整骨院の対象外の処置ですので、自費診療になります。

hatunetu


Top